1. HOME
  2. 介護
  3. 介護職種
  4. 介護実習生の教育

介護職種

介護職種

介護実習生の教育

介護実習生の教育について

愛知技術革新協同組合では、平成29年11月1日に技能実習の職種に「介護職種」が追加されて以来、介護職種の技能実習生の受け入れに力を入れています。現地での事前教育が充実している送り出し機関と提携をすることで、日本語能力および日本文化への理解度が高く、また介護の実技の教育が行き届いた意欲の高い実習生の受け入れを可能としています。このページでは提携送り出し機関の入国前の事前教育についてご紹介します。

充実した事前教育

 技能実習生は日本企業への内定が決まったら現地の日本語センター にて日本語や日本の文化・生活習慣について学びます。
 特に介護職種の技能実習生は、他の職種と比較して高い日本語能力が求められるため、他の職種より約2倍の時間を掛けて教育を行います。

介護職員としての準備

 介護職員の仕事内容や介護職員として大切なこと・心構えを学びます。介護施設での1日の流れや様々な勤務形態について理解を深めるとともに、同僚との信頼関係の構築、時間の厳守、報告・連絡・相談(報・連・相)、身だしなみ等、社会人としての在り方について学びます。

 さらに、日本の介護サービスの現状やその多様性を実際の施設を例に学んでいきます。居宅、通所、短期入所、施設でのサービスについて学び、介護において様々なサービスがあることを理解し、自分がどのようなサービスに従事するかを認識します。

介護業務における基礎知識

 施設での「利用者主体」の考え方を身につけます。利用者の尊厳を保ちながら行う、質の高い日本の介護サービスの基礎を現地で学習します。
また、利用者のプライバシーの保護や介護保険制度、その他日本にある様々な保険制度について学びます。

感染症の予防と対策

 コロナの世界的な流行もあり、介護サービスに従事する上で欠かせない感染症の予防やその対策についても学びます。手洗い・うがいやマスク・使い捨て手袋の説明を行い、実際に手洗い・うがいの練習を実際に行います。

 この他にも、介護職に就いた場合に従事するであろう基本的な業務を、あらかじめ実地で学びます。
 介護職種の技能実習生に興味ある方は、お気軽に当組合までご相談ください。