1. HOME
  2. お知らせ
  3. 「特定技能2号」業種拡大検討

NEWS

お知らせ

技能実習機構

「特定技能2号」業種拡大検討

〜「特定技能2号」業種拡大検討〜

<br>

現在、「特定技能2号」の在留資格が認められるのは「建設、造船・船用工業」の2分野のみですが、業種拡大されると「ビルクリーニング、素形材産業、産業機械製造業、飲食料品製造業、外食業などの業種でも在留期間の上限なしになり、家族帯同も可能になります。
(特定技能1号は最長5年・家族帯同不可)

<br>
「特定技能2号」は熟練した技能を持つ外国人労働者外国人対象で、一定の期間ごとの更新は必要になりますが、長期就労が可能な業種が増えると、受け入れ企業様のメリットは多く、人材確保の可能性が広がります。
(介護分野にはまた別の在留資格があります)

<br>
現在、関係省庁で調整を進め、来春の正式決定を目指しているそうです。

<br>
♯特定技能
♯航空♯自動車整備♯農業♯漁業♯宿泊♯電気・電子情報関連産業♯介護

 

たそがれ、雲の画像のようです

最新記事